北広島町の自然と空気、清らかな名水。
伝統の技術と、新しい技術。
すべてを、お菓子づくりの原料に。

勝原白貫堂について

勝原白貫堂は明治時代、広島県壬生町(現在の北広島町)で和菓子店として創業しました。

北広島町は「よみがえりの水」(平成の名水百選)をはじめとする名水に恵まれた土地で、勝原白貫堂でも自家水源の良質な水を使用してお菓子を作っています。「壬生饅頭」や「泡雪」は、初代から今の代に至るまで数々の賞をいただいております。

現在の四代目が勝原白貫堂を継ぐにあたり考えたことは、地域の特色や文化を尊重しつつ、地域外のお客様も呼び込んで、新しい技術で明るい未来を予見させるようなお店づくりです。

勝原白貫堂にはひとつの句が伝わっています。



この句は「名物は雪や泡のように消え果てることはない」と伝えていますが、実のところ、勝原白貫堂は店を一度たたんでいます。たとえ名物があったとしても、それを継承し発展させる努力を怠れば、老舗といえど消えてしまうのです。

和菓子には先人たちの知恵がたくさん詰まっていますが、今日の著しい技術の発展により、先人たちの時代では成し得なかったことが私たちの時代では可能になってきているのです。この時代だからこそ導入できる新しい技術を伝統的な和菓子にも取り入れ、発展させていくことが現代に生きる私たちの使命だと心得ます。

「昔ながら」の良さを残しつつ、決してそれだけに頼らない「新しい」お菓子を作りあげる。

これが勝原白貫堂のお菓子づくりです。



受賞歴

【壬生饅頭】

大正3年 帝国製菓共進會 進歩銅牌受賞

昭和7年 帝国菓子大品評會 名誉賞金牌受賞

昭和9年 第三回國産製菓品評會 壹等賞金牌受賞

昭和11年 第三回北陸菓子共進會 優良賞金牌受賞

昭和11年 全國銘菓展覧會 一等賞受賞


【泡雪】

昭和3年 全國製菓共進會 有功金賞受賞

昭和4年 右北陸菓子品評會 金賞受賞

昭和7年 帝国菓子大品評會 一等賞金賞受賞

昭和9年 第二回全國菓子大共進會 壹等賞金牌受賞

平成25年 泡雪 モンドセレクション銀賞初受賞

平成28年 第57回全国推奨観光土産品審査会 北広島名水の里 泡雪 審査員特別優秀賞受賞

平成29年 第27回全国菓子大博覧会・三重(愛称:お伊勢さん菓子博2017) 泡雪 金菓賞受賞



店舗情報

勝原白貫堂(かつはらはっかんどう)

〒731-1515 広島県山県郡北広島町壬生243番地5

TEL 0826-72-2053  URL http://www.hakkando.com/


営業時間 10:00~17:30

定休日 水曜日・第1、第3日曜日



アクセス


→千代田I.C.を降りて県道5号線を土師ダム方面へ、壬生商店街へ

(千代田I.C.から5分)


→広島バスセンター9番ホームから三次・庄原・松江方面ゆき高速バスに乗車

千代田インターバス停で下車

徒歩10分



2020年04月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
2020年05月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
  • 定休日
  • 臨時休業日